男性の性病検査

男性の性病検査

男性が性病になったときに受ける検査とはどんなものでしょうか?
たとえば淋病になり排尿時に痛い、尿道から膿が出てきたなどの症状がある場合、尿検査となることが多いです。
病院に検査を受けに行くと検尿のカップなどを渡されますから、それらを使って病院のトイレで尿を取り、病院に尿を提出します。
このあとにやることは特になく、検査機関が淋病かどうかを尿を使って調べてくれるのです。

同じ性器の淋病でも患者が女性の場合、陰部を綿棒でこするといった検査になり、病院で受けるときは検査のために陰部を見せる必要がある場合がありますが、男性はそのような手間が必要ないことが多く、比較的手軽に受けられる検査となるでしょう。
なお、性病検査のため、男性は尿道に綿棒を入れられるといった方法を聞いている方もおられるでしょう。
以前はそのような方法で男性の淋病などを調べていたのですが、最近は尿検査の精度も向上しており、こちらの検査で淋病を調べられるようになっています。

患者の負担軽減のためにも最近は男性の性器淋病については尿検査をする病院も増えていますから、あまり心配はいらなくなっています。
ただし、どのような検査をするのかは病院によって違い、男性の尿道に綿棒を入れてこするといった方法を現在でも採用している病院もないわけではありません。
検査方法が不安なときは自分が受診する病院の検査方法をHP等で調べたり、事前に問い合わせたりしたうえで病院を選ぶといいでしょう。

性器淋病以外の検査は?

男性の性器淋病以外の性病検査はどうなるかというと、似ている症状に性器クラミジアがありますが、やはりこちらも尿検査になることが最近では増えています。
淋病やクラミジアは喉に感染することもありますが、これら病気を調べたいとき、最近ではうがい液の検査となることが多いです。
うがい液の検査とは、病院から渡される専用の検査液でうがいをし、そのうがい液を検査物として提出する検査となります。
尿検査と同じくらい簡単な検査となり、患者の負担はそれほどありません。

病気の種類によっては血液検査となる場合もあります。
梅毒やエイズ、B型肝炎などの病気でこの検査となり、調べたいときには病院などで採血され、その血を調べるという検査になります。
採血時に少し痛みがありますが、こちらもやはり患者としてはそれほど負担のない検査となります。
男性が性病になったときの検査というと最近ではこのような方法になることが多く、非常に痛かったり、手間がかかったりすることはそれほどありません。
性病かなと思ったら気軽に検査を受けてみるといいでしょう。